雨漏りを修理する男性

定期的に行なう

実家

定期的なメンテナンスを心がけよう

長く大切に住み続けた家も、年を追うごとに老朽化していきます。壁や柱や床だけでなく、屋根も経年劣化していきます。屋根は風雨を凌ぐ家の重要部分ですので、少しの破損でも雨がじわりと染み込み始めます。天井などが濡れ始めて雨漏りに気づくケースが多く、そのときにはすでに甚大な被害になっていることがあります。最近では都市部への人口流出や高齢化などによって、空き家が多くなったり、使わない部屋というものが増えているそうです。長期間ほったらかしにしておくと、どんどん家は傷み始め、雨漏りなどの原因にもなります。これからますますそういった家が増えることが予想され、定期的なメンテナンスやリフォームが必要となってくるでしょう。

修理をするなら徹底的に

雨漏りが発生する箇所は屋根の種類などによって変わってきます。たとえば棟板金が浮いてしまっていたり、漆喰や瓦が破損していたり、スレートにヒビが入ったりなど、程度の違いはありますが、どれも雨漏りの原因となります。それらは自分で修理することも可能ですが、専用の道具やそれなりの技術が要求されることがあります。また、応急処置を施したとしても、いずれは再発する可能性は高く、修理をするなら徹底的に直しておくべきでしょう。もちろん雨漏り修理の専門業者がいますので、そこに依頼すれば完璧な修理をしてくれる上に、他の劣化している部分についてもあわせて修理を施してくれます。電話一本ですぐに駆けつけてくれるので、とても心強い存在です。