雨漏りを修理する男性

どんな役割がある?

ペンチ

エクステリアの役割について

住宅には、インテリアとエクステリアがあります。もし住宅の建設を検討する場合に、インテリアとエクステリアのどちらにお金をかけることいえば、ほとんどの人はインテリアにお金をかけるはずです。 エクステリアに関してはその役割を知らないためにインテリアに力を入れる人が多いのです。 これは、エクステリアの重要性を知らないからです。 エクステリアにはそれぞれ役割があります。例えば門の位置ひとつにしても、初めてその家を訪れる人からすれば、印象ががらりと変わります。門から玄関までのデザインや、その距離感で良い印象を与えることも可能です。 また、昔の住宅のように塀をつくで敷地を囲ってしまうと閉鎖的なイメージがもたれるとともに狭く感じるのです。

全体の調和についても考えよう

それ以外でも、庭の草木の大きさで相手に圧迫感を与えてしまうこともあります。 特に樹木を選ぶ場合は、植えてみて10年ぐらい経ってからやたらと大きくなってしまう樹木もありますので、植える前にその樹木がどのくらいの大きさになるかをよく調べておく必要があります。 エクステリアの個々のデザインや配置も大事ですが、全体の調和としてバランスよく配置することがポイントになります。 例えば、和風住宅であれば現代風のフェンスなどはとても似合いません。フェンスの代わりに低い樹木を家の周りに植え込むことで防犯性にも優れていますし、見た目の調和も取れているといえます。 また、モダン風のエクステリアは、軽い感じで明るい雰囲気のものが似合います。 このように住宅のエクステリア全体のバランスを考えてみると意外と大事で、奥が深いことがわかります。